本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

次世代の修復材料を知ったら、修復がより簡単、綺麗にできる!

この動画は2023年10/1にCiデンタルショーin横浜で行われたセミナーの
アーカイブとなります。

セミナー概要
韓国で最も有名な歯科技工士であるJang講師が臨床症例をご紹介致します。
従来のガラスセラミックで代表されるemaxなどは熱処理工程が必須ですが、
Amber mill Directは熱処理不要で熱処理時のトラブルや焼成の待ち時間を回避し研磨仕上げでの補綴製作を可能にします。
また従来より強度の高いCADCAM冠ブロックそしてAmber press、Amber LPZといった
プレシングインゴットの製品及び臨床症例を他社比較を交え紹介します。今後の技工の参考に、ご興味のある方は是非ともご視聴ください。




■講師 Wonpil Jang(ジャン ウォンピル)
略歴
高麗大学校 併設保健大学校 歯科技工科卒業
福音歯科技工室
大阪 本多歯科技工室
日本 歯科技工士免許 取得
LeeHeeKyong Dental Art 歯科技工室
現 SKCD(Society of Korean Clinical Dentistry) 常任理事
陶材機工学会(現 学術理事)
HASS Qualified Instructor
 
大韓歯科移植インプラント学会ポスター部分優秀賞(高麗大学校)
天然歯の形態学 1 翻訳
天然歯の形態学 2  翻訳
審美歯科技工の探求 翻訳
KJCD「噛み応えのある、そして咬合調整がしやすい補綴物作り」連載
セミナー概要

お気に入り登録

お気に入り登録数:0

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる