本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

自院の診療スタイルにあったデジタルワークフローの見つけ方

この動画は10/1にciデンタルショーin横浜で行われた
セミナーのアーカイブとなります。

セミナー概要
口腔内スキャナを買いたいけど、どれを買って良いかわからない」あるいは、「口腔内スキャナを買ったけど、活かせていない」という悩みを抱えていませんか?
デジタルワークフローは、それぞれの医院の診療スタイルや自費率、院内技工の有無や土地柄などによって、大きく異なります。
本講演では、口腔内スキャナの選び方から、購入後のデジタルワークフローの流れを、診療スタイル別にご提案したいと思います


講師丸尾勝一郎先生

歯科医師・歯学博士・インプラント専門医(日本口腔インプラント学会)
1980年東京都世田谷区生まれ。日本で唯一学位を取得可能な民間の歯科研究所の
所長佐藤貞勝(歯科医師・医学博士)を祖父に持つ。
駒場東邦中学・高校卒業後、東京医科歯科大学歯学部へ進学。
在学時代の研究発表で優秀研究賞を受賞。同大学院にて博士号取得後、岩手医科大学を経て、
世界20名枠のスカラーシッププログラムに選抜されハーバード大学歯学部インプラント科に留学。
インプラントの世界的権威Dr.Gallucciと共に最も高いエビデンスレベルであるシステマティックレビューを執筆。
留学中にボストン日本人研究会にて優秀プレゼンアワード受賞(「内容と理解」部門)。
帰国後、神奈川歯科大学にて病院長賞(医療収入No.1)を2年連続受賞。
現在は医療法人プライムエレメントの理事長として三軒茶屋マルオ歯科・恵比寿マルオ歯科にて
インプラントおよび審美セラミック治療をおこないながら、学会等(アワード受賞)、シンポジスト、セミナー講師、
インプラント出張オペ、執筆・翻訳、若手歯科医師へのキャリア指南など多岐に渡って活動する。
2019年に株式会社DigiZを創業。代表取締役歯科医師として歯科専用動画サイトであるDENTAL WIDGETの運営に携わる。
2019年世界的なインプラント団体であるITI(International Team of Implantology)のFellowに就任(就任当時最年少)。
2020年に神奈川歯科大学特任准教授に就任。




お気に入り登録

お気に入り登録数:0

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる