本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

ダイヤモンドプロバイダー直伝!診査診断とクリンチェック方程式 インビザライン最速成功モデルのロードマップ-臨床編-

マウスピース矯正の登場によって矯正治療の可能性が大きく広がり、患者さんの数も増えている昨今、矯正治療に乗り出したGPの先生も多いかと思います。
 
もちろんマウスピース矯正はワイヤー矯正と比べたら歯科医師に求められる技術的なハードルも低くなり、とりあえずは
フィニッシュまでもっていくことは可能なのですが、クリンチェック上で「ただ歯をキレイに並べればいい」というものでもないことがわかってきました。
クリンチェックは3Dで自分の思い通りに動かすことができますが、それは良いことだけでなく悪いこともあります。
森川先生はインビザラインドクターになってたった1年程度で年間150症例を診るダイヤモンドプロバイダーとなり、
多くの症例に触れながら、日々矯正治療の研鑽を続けています。
 
まったくの未経験からそれだけの症例を診るということは、集患に対しても努力していることは間違いないですが、
集患力があるだけで腕の悪い歯医者に患者さんが集まる時代でもありません。
 
インビザラインの臨床においても、冒頭でお話ししたような
 
「診査診断をクリンチェックに反映させる」ということに注力しているからこそ支持されているのです。
 
クリンチェックは「挺出する」「遠心運動する」「近心運動する」など全ての方向に動くので何を目的とするのかしっかりと軸を作ることが重要だと森川先生は言います。



歯並びだけを治したいのか?関節まで考慮したいのか?
不定愁訴まで考慮するのか?目的によって動かす方法は当然変わってしまうのです。
森川 康司
講師 森川 康司先生

医療法人甦歯会「もりかわ歯科」のインビザライン担当ドクター。
2021年から父親の経営する「もりかわ歯科」で勤務を開始しインビザラインを学びはじめる。
その後、インビザラインを診療に導入してたった1年足らずで年間150症例を達成しダイヤモンドプロバイダーを獲得。
29歳という若さで他に類を見ないインビザライン導入の圧倒的かつ最速の成功事例を確立した歯科医師である。

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 0.はじめにお読みください.txt(800.00 B) 
  • 1.ダイヤモンドプロバイダー直伝!診査診断とクリンチェック方程式 インビザライン最速成功モデルのロードマップ-臨床編-.pdf(43.11 MB) 

カテゴリ

タグ

お気に入り登録

お気に入り登録数:0

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる